抗酸化カラーってなに?

『抗酸化カラー』とは、活性剤酸素を防いでくれるカラーです。

活性酸素とは、体細胞内のミトコンドリアでエネルギーが作られる時に発生するもので、日常的に作られるものです。

ウィルスや細菌、異物が体内に侵入したときに、白血球の手助けをしながらそれらを攻撃する、身体に自然に備わっている防御機構の一つとして作られます。

しかし、この活性酸素は大量発生してしまうことがあり、その活性酸素事態が不安定な酸素のため他のものと結びついてしまう(これを酸化と言います)と違う物質に変わってしまい、老化の原因とも言われています。

髪でいうと、『抗酸化カラー』でない従来のカラーをした後では髪はパサついたり艶がなくなってくる原因になります。

実際、ぼくのサロンでも『アドミオ』という抗酸化カラーを扱っていまして、いつもアドミオカラーされているお客様から髪が以前のカラー剤より良くなったと好評です。

ぜひ、『アドミオ・抗酸化カラー』試してみてください。