丸顔さんにおすすめ!似合う前髪で小顔効果

ぼくの美容室のお客様で「最近、太ってしまって丸い顔がでるのが嫌なんだけど‥」と、おっしゃる方もいます。

そこで今回は丸顔さんの悩みである『顔が大きく見えてしまうのが嫌』という方でも似合う前髪で小顔効果がでるポイントをお伝えできたら嬉しいです。

丸顔さんが気になる特徴

・顔の縦横が同じくらい

・顔の縦横が同じくらい

・あごに丸みがある

・幼くみられやすい

・頬がぽっちゃりめ

顔の輪郭(面長さん・エラ張りさん・丸顔さん・下膨れさん)の中でも、丸顔さんで悩んでいる方がもっとも多く顔が丸くて大きく見られる事にコンプレックスを抱えています。

顔の輪郭は簡単には変えられないですが、髪型で丸顔の気になるコンプレックスを改善することはできます。

丸顔さんがやってはいけない前髪のポイント

丸顔を気にされているお客様は「顔があまりでない方がいい」という悩みが多いです。

そのような悩みに対して、知らずやってしまうと顔が逆に大きく見えてしまうポイントがあります。

・ぱっつん前髪

・厚めの重すぎる前髪

・顔周りが隠せない広めな前髪

は、丸顔が余計に際立ってしまう結果になりますので気をつけましょう。

小顔効果!顔の縦:横の比率が3:2

 

 

 

 

顔まわりのヘアデザインによって、顔の印象が変わります。その小顔効果がでるポイントが顔の縦:横の比率が3:2が理想の顔の比率です。

では、縦:横の比率3:2を前髪で丸顔さんをどのようにしてコンプレックス解消するかは前髪の幅・奥行き・場所をコントロールすることによって印象を変えられます。

前髪を3つの場所を組み合わせることで顔の印象を変えられる

1メインバンク・・・似合わせ、目力、顔の縦幅をコントロール

2サイドバンク・・・顔の横幅をコントロール

3トップ&フェイスライン・・・骨格補正、顔型補正

メインバンクは幅狭めにして、顔の横幅を縮める。そして前髪の毛先はスキマがあく位に作り、額を少し見せることが縦長感を出すポイントです。

サイドバンクは厚めに作って、顔を囲むようにフェイスラインに髪がかかるヘアデザインにしましょう。そうすることによって頬の丸みをカバーする効果があります。

このようなことを気にしてヘアデザインを選んでいくと、頬や額、目尻を隠すことによってひし形(卵型=理想な形)に近づき小顔効果もでます。

小顔に見せるポイント

・縦の印象をつけることが重要なため、分け目を作ったり、長めの前髪にするのもおすすめです。

・前髪にボリュームがでにくい方は、前髪パーマやかき上げ前髪にしてボリュームを出すのもおすすめです。

・そして、もっと有効的なのが先ほどのメインバンクからサイドバンクにかけて緩やかにラウンド状につなげていくことで顔が引き締まって見えるため、かかせないポイントです。

丸顔さんにあう前髪

丸顔さんは隙間のある斜め前髪

丸顔に見える前髪は厚め重めの前髪です。理由は、厚めの前髪にすることで横幅が広くなり横幅がある前髪になります。前髪は奥行きのない前髪にして縦の空間ができるように隙間のある前髪でおろして流せる前髪にすると小顔に見えます。

前髪が流せない時は、アイロンで流すか前髪パーマを予約してください。

前髪なしのセンターパート

丸顔さんを1番綺麗な骨格に見せるのは卵型の骨格を目指します。もともと骨格が丸いときは、前髪をセンターパートで頬のラインの長さに前髪を整えることで顔周りやエラを隠せば丸顔に見えない理想な卵型の輪郭に見えます。前髪が長いときはかきあげると丸顔のデメリットでもある幼い印象から大人っぽい印象になります

ショートバング・短い前髪

おしゃれな雰囲気にしたいときにはショートバングがおすすめです。ポイントは不規則な自然な隙間を作ると可愛くなります。

まとめ

丸顔さんにおススメする似合う前髪のポイントを書かせていただきましたが、少しポイントを気にしてヘアスタイルを見ていくと今までと違ったヘアスタイルにも挑戦していただけると思います。

ぼくのお店でも前髪カットだけでもやっております。

是非、新しい前髪にチャレンジしてみましょう。